アートメイクについて

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

一時美容整形人気が世界的に高まり、全く別の顔や体型に作り替えるといった方法が流行っていましたが、今は原型をそのまま手を付けずにメイクで美しく変身しようといった考え方がじわりじわりと広まってきています。たまにSNSではメイクによって驚くほど美しく変貌していく過程を記録した動画が紹介され、多くの女性を感動させていますし、男性の間でも驚嘆の声が広がっています。

自分でもまねしてみたいと思った女性が多いのではないでしょうか。しかしながら悲しいことに美しく塗られた化粧も用が済んだら素早く洗い流さねば、皮膚へのダメージが悪化ししてしまいますし、雨がふろうものなら流れ落ちて目も当てられない状況に陥ってしまいます。毎朝忙しい朝にかかる化粧の時間は大変なものですが、“女性は化粧をするもの”との風潮が一般的ですからやめる事はできませんし、すっぴんで外出なんて恐ろしくてできないと嘆く女性も多いのです。

少しでも化粧にかかる時間が短縮されて、それで美しく整える事ができたらどれだけ楽でしょうか。そのような多くのおしゃれさんが着目したのは入れ墨です。実際外国では体に入れ墨を入れている若い女性および男性が目立ちます。問題は皮膚の深いところに顔料を埋め込む施術が必要である事と、かなり痛いらしい事です。日本では入れ墨と言えば裏社会の人たちの特権といったイメージが強いのですが、海外ではおしゃれとしてしっかり定着しています。アートメイクは皮膚の浅い層に入れますから痛みはかゆいくらいです。さらに通常麻酔をかけて行われますから、寝ている間にできてしまうのも入れ墨とは違っています。